豊臣秀吉の死因は白米!?

こんちゃ❗️

 

昨日の続き、いきますよ!

精製食品がよくないって話しです。

 

玄米 → 白米の様に、扱いやすく・食べやすくする事を 精製 って言います。

本来の自然にある姿をイジるわけですから。
白米は自然には無いですし。
その結果として、お米の場合は

ビタミンやミネラルが、めちゃくちゃ減る!

・糖分の吸収スピードが上がり、血糖値が一気に上昇する!

などが発生します。

お米のお話しが多いですが、精製と言うと

・小麦粉
・上白糖
・塩
・植物油
なども精製されたモノですので、かなり世の中に溢れていますね。
美味しいモノばかりです★

特に今回のテーマである和食の危険性の視点から見ても、
・砂糖
・塩
を使う際には、精製されていないモノを選ぶ必要性があるんです。

 

この辺りの見分け方まで書き出すと、コレまた長文になってしまうので。
また今度ね。

 

さて!
今回は、
精製されたモノを食べ続けた結果として起こった病気
についてです。

米の精製は、実は紀元前350年ぐらい前から行われてる様でして。

白米だけを食べられる様になったのは、戦後と言われてますね。

安土桃山時代からは、
庶民もお米が食べられる様になり、
豊臣秀吉が天下統一してからは、
中国や南蛮の影響を受けたお米料理も増えた
様です。

 

 

その豊臣秀吉が今回のキーパーソン!!

 

お米文化が広がって、庶民も食べられる様になったのは良いが、
それが精製された米であれば話しは違うよね。

 

この影響で、
脚気(かっけ)という
病気になった人が増えたって話しなんですわ。

別名
江戸わずらい
と呼ばれるこの病気。

実はテレビでも取り上げられるほど注目されているんです。

 

この脚気に、豊臣秀吉もやられちまったんじゃないの?
って言う話しなんです。

 

 

徳川家の将軍たちも、
何人か、脚気になったり、亡くなったりしてる病気なんです。

 

では、脚気になるとどうなるのか。
ってことですけども。

 

・休んでも疲れが取れない
・食欲が出ない
・足がむくむ
・足がしびれる

こんな症状からはじまり、
悪化してくると

・息切れ
・神経マヒ

・最悪、心不全で亡くなっちゃう。

 

って病気なんです!!

 

私が子供の頃、ギリギリあったか無いかって感じなんですけども。

コレ、やったことありません??

足の反応というか、神経の反応を見るって感じの検査です。

・脳や脊髄に原因があるのか。
・末梢神経や筋肉に原因があるのか。
コレらを大きく把握できることができる検査でして。

脚気では、ビタミンB1が不足することで
末梢神経の調子が悪くなるので、
ハンマーで腱をポンっと叩いても反応が出にくくなっている。
って感じです。

 

 

 

その脚気は、

日清・日露戦争時代
死亡者がめっちゃ出た怖い病気でもあるのです。

 

当時の陸軍の軍医
森林太郎(=文豪・森鴎外)

「戦争行くやつには、良いもん食べさせたれ!」

って白米を食べさせまくった事がありましてね。

その素晴らしい結果…

 

 

戦死者の3倍、脚気で死ぬ
という大惨事が発生!
逆に海軍では、
陸におる時と同じもん食べときゃ大丈夫でしょ
って事で、麦飯を食べてたら、脚気はほぼゼロに。

たった一つのビタミンが足りないだけで
人は死んでしまう事が、この件でよく分かったんです!

 

・・・。

ん?

それは分かるけどさ。

おかしなことを言うなって顔をしてますね。

 

昭和も国民が白米を食べてたじゃろ!?

それがどうして今増えてるの?

って思うでしょ。

 

それはまた次回です★

 

🐹今日も良い夢見れますように🐹

130/365

 

この記事に付いたタグ

関連記事