笑える話しの作り方 4 – ズレを作る! –

こんちゃ❗️

 

さぁ、このテーマも終盤です!

というより、今回でシリーズとしては最後、明日はまとめ。

の形にします!

 

今回は脚色せずに伝えるという事です。

「ありの〜ままの〜」って歌が流行りましたが、まさにコレ。

人って、なかなか物事をあった通りに話すのが苦手な生き物。だと思ってまして。

少し脚色したりしちゃうでしょ。

・・・あたしはしてますm(_ _)m笑

 

しかし、これがあまり良くないと、本書では言われているのです。

大事なのは、そのまま伝える事。

これが、面白い話しをする1番の方法である。と仰ってるんですわ。

 

この部分を解説していきましょう。

 

 

人は他人にイメージを抱いて生活しています。

100%その人の事を理解している人なんて存在しない訳なので、

・持ち物

・容姿

・言動

これらの表面的な情報によって、「こんな人」というイメージ像を作り上げます。

このイメージ像より、少しズレたキャラクターを生み出すと、面白さが生まれます。

これがね、最もシンプルに笑える話しを作る方法なんです。

 

サラッと例をご紹介しましょう。

 

この医師を見て、どのようなイメージを抱きますか?

 

例えば…

Aさん:ブランド物が好きそう

Bさん:タブレットで説明するってことは、最新のデジタル端末に詳しそう

Cさん:お金持ちで良いモノばかり食べてそう

この様に思ったとしましょう。

 

ある日、この医師とAさん達は、業務用スーパーでバッタリ遭遇してお話しをします。

 

Aさんは、着ている洋服がユニクロなことに気づき、自分たちと変わらない事に面白さを感じました。

Bさんは、医師がちゃんとリサーチをした上で、業務用スーパーのコスパが良い事を知って感心しています。

Cさんは、医師が持っているカゴの中に、カップ麺や特売のお肉・お魚が入っている事に興味を持ちました。

 

医師にとっての普通(日常)は、Aさん等にとっては異常だったんです!

ここで「あのお医者さん、面白い人だったね」となるんです。

 

さぁ、これを踏まえてですが…実際にこんな体験をしたことはありませんか?

・自己紹介で普通に言ってるつもりなのに笑われる

・相手が自分の常識外の事をしていて、笑ってしまう

これは、まさにイメージとのズレが発生した瞬間であり、笑える瞬間です!

 

 

ここから分かる事としては・・・

 

① ありのままの事を話す。

もしここで、相手のリアクションが特に無い様であれば、それはイメージ通りの人だった。という事。

逆に笑いが起きれば、ズレを発生させた事により、自分へ興味を持ってもらえた。という事。

 

② 自分のイメージが分かる。

相手のリアクションで、自分がどんなイメージを持たれている人なのかが分かってくる。

 

①・②を踏まえた結果…

絶妙なズレを発生させる話し方が分かり、相手の笑顔を引き出す話し方が出来る様になる。

という事なんです★

 

いや〜面白いね。

そういう事だったんです!

 

明日は、これまでのまとめです♪♪

 

 

🐹今日も良い夢見れますように🐹

46/365

 

 

関連記事