笑える話しの作り方 2 – 異常を作る –

こんちゃ❗️

 

私のお部屋、花瓶がいくつかあって、その近くに滝沢カレンさんの日めくりカレンダーがあるんです。

 

何だか好きでして、レシピ本も購入してまして。

あ、あのレシピ本、今は知りませんけど当時はむちゃくちゃ人気で!

すぐに売り切れになっちゃって入手困難だったんですよ!

 

 

え?どこが好きなのかって?

理由は特にないんです。

何だか惹かれてるだけで、テレビをチェックすることもないんです。

おそらく、これも昨日のお話しに似てるのかなと。

「異常な事が、あたかも普通に行われている」

これが、滝沢さんの言動から感じられるからだと思います。うん。

 

さぁ、今日も行きましょう♪♪

昨日は、笑いが生まれる状態についてのお話しでした。

「異常な事が、あたかも普通に行われている」

という状況に人は笑うって感じでしたね。

今日はそこだけを深掘りしていきましょ。

 

 

A

芸人さんであろうと、飲み会だろうと。

「面白い話しをします!」なんて言って始めると、さほど面白くないし笑いも起きにくいですよね。

これを説明すると、

笑い = 異常 です。

人はいつも笑ってないですもんね。

たまにしか笑わないから、その感情が来たら 異常 なんです。

にも関わらず「面白い話しをする!」と言われたら、

最初から 異常 の状態にスイッチが切り替わって話しを聞くので、何を聞いても 普通 なんです。

よほどの事じゃない限り、驚きもしないし笑いもしないですよね。

なので、異常 がキープされているので、もはやそれが 普通 の状態になっている。という事で笑えないんです。

 

 

B

年末にある「ガキつか」って番組がありますよね。

私も学生の頃はDVDを買うレベルで大好きだったんです。

そもそも、ダウンタウンが大好きで、本も昔の映像もむっちゃ見てまして★

いつしか、「ガキつか」が罰ゲームじゃなくなって、全員参加の今の感じになってから見なくなったんですけども。

あ・・・思い出した。

蝶野さんが、邦正が殴られるようになってからだわ。

暴力的な笑いは嫌いです。うん。

「タイキック」も心が痛いので、笑えませんでしたし。

あの場合「異常の中に異常」しかなくて、心がキュってなるんですもの。

その時に気付きました。

「あ、私は S じゃないんだな〜」と…笑。

 

 

しかし、世間ではアレがわりと人気。

これには仕掛けがあるんです。

・「笑ってはいけない」がテーマの番組。

・異常な事があっても、普通をキープしなければいけないのがルール。

・強制的に普通の中に異常を発生させる。

これで笑いが生まれて、視聴者が 異常 を求める感じで人気になってます。

 

要は

「異常な事が、あたかも普通に行われている」

これを強制的に作り出す番組。という事で、心を掴んで離さないんです。

もちろん作り手は大変でしょうね。

毎年同じことは出来ないし、色々とキャスティングも考えなきゃいけないし。

ある意味で、スタッフの中でも「異常な事が、あたかも普通に行われている」のかもしれないですね。

 

はい、今回は実例を用いて掘り下げてみました。

もう少し、この解説が続きますので、お付き合いください★

 

 

🐹今日も良い夢見れますように🐹

44/365

関連記事