気付くのに早いも遅いもない

こんちゃ❗️

起こってもない事ばかり考えて「おうふ!」ってなるタイプのミスターTです。

 

 

私は小さい頃から薬が大嫌いでして。

子供の頃からなので、今のような知識もありません。

なのに、薬を体に入れるとバケツ1杯ぐらい吐くし、体調不良が悪化するしで。

そんな子だったんです。

親は大変だったでしょうね★

 

 

もちろんそこには理由があったんですよ。

今もですが、ヒーローものが大好きでして。

ウルトラマンで育ったんですが、薬なんて飲まなくても強いんですわ。

あとね。

アメリカの「ポパイ」ってアニメがあるでしょ。
あのホウレンソウを食べるあれです。

私もリアルタイムの世代じゃないんですが、アニメを見せてもらったの。

そしたらね、ホウレンソウを食べたら強くなる!ていう設定で。

「あ、なるほど。人間はホウレンソウで強くなるんだ」

という思考から、アンチ薬に。

 

いや、こんな話をしたかったんじゃない。

アメリカが、いつサプリ大国になったか!ですよ。

どうして日本と20年の差がついたのか。ですよ!!

以前も日米の差について書きましたけどもね。

今回は、そこの概要をお伝えしますね。
日本に足りない部分がそこにあります。

 

時は 1970年。

当時のアメリカは、国家予算の半分以上が医療費に消えていました。
「これはヤベェ。国が滅んじまうぜ」
と考えた上層部の方々。

7年かけて、国民の食事と慢性疾患の因果関係について調査。

1977年。
ついにデータが揃い、【アメリカ合衆国上院栄養問題特別委員会報告書】
通称:「マクガバンレポート」

の発表がありました。

サプリメントアドバイザーの資格を取得する時に、この勉強もしたんですが、面白くて。
レポートを作る背景とか、命令された人とか。
そのあたりの動きも結構好きだったんです。

そこは置いといて。

マクガバンレポートでは、

・現代人には栄養が足りていない。
・ビタミン、ミネラル不足が深刻。
・病気の原因は栄養不足。

こんな感じの内容ですわ。

政府は、そのレポートを引っ提げて、栄養学を一般人に広める方向に政治を動かします!

いやもう面白い!
既に面白そうじゃん♪

 

そこで、様々なキャンペーン等でお金を使いながら栄養学をひたすらPR。

1994年 『 DSHEA法(栄養補助食品健康・教育法) 』 が制定。

ここまで継続したら、もう政府の勝ちでしょ。

・ちゃんとした根拠のあるサプリを使おう。
・ニセモノのサプリは退場させよう。

こんな感じの法律ですわ。

サプリ以外にも、生活改善・予防医学の徹底など。

素晴らしいでしょコレ!
国に頼るなバカやろう!
自分の身は自分で守れ!
ということですわ。

 

その結果、

見事にガン患者・死亡者が激減。

 

日本は順調に増えてますね。

 

もうね、医療の限界というか。
いや医療が悪いんじゃない。

例えばよ。

 

和食しか学んでない方が、異国の料理を学んで技術・知識を和食に反映。
食べたことない不思議な料理が出来上がるわけですよ。

それを日本の医療にも入れていかないと。

西洋医学だけじゃなくて、栄養学を合体させるとかさ。
そうやって発展していかないと。

民間の企業だって、色々と情報交換しながらやってるんですよ。

医療もそうよね。

いつまで抗がん剤使うんじゃろ。

アメリカでは、抗がん剤でガンが治らない。って分かってからの方向転換があったというのに。

 

あ、日本でもね『 DSHEA法(栄養補助食品健康・教育法) 』が提案はされているそうです。

しかし…その度に、◯薬会社、◯師会の圧があるみたいで。

 

日本はいつまでもこのままなのかな。

この法律を制定します!

って公約を掲げる議員が出れば、投票する予定ですm(_ _)m

 

 

🐹今日も良い夢見れますように🐹

38/365

この記事に付いたタグ

関連記事