母乳での子育て

こんちゃ❗️

 

ブログを1ヶ月続けることができました★
ありがとうございますm(_ _)m

しかし…夜に眠たいな〜と思いながら書いてるのと、そうじゃないの。
ハッキリ分かるぐらい差がある…笑。
昨日は過去一眠たかったですし…。

と思ったので、早朝に書こうと思った私でしたm(_ _)m

 

さてさて。

今日は、スマホのニュースの記事で「お!」と思ったのがあったので。
それをご紹介します。

 

加藤紗里 初対面の年配男性から「母乳じゃないと愛情がない」に激怒 「ミルクに謝れ」(デイリースポーツ)
#Yahooニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/d4ad66f208354c1d25239ce648374cc08b5a5607

 

記事の概要としては…

乳児用の液体ミルクを飲ませていたところ、
初対面の年配の男性から、「母乳じゃないと愛情がない」などと批判されたことを明かし、怒りをあらわにした。

ということ。

うん、なるほど。

これは良い教科書になりますわ♪♪

 

まず、初対面の年配男性。

母乳じゃないと愛情がない」この主張は残念ですわ。
言いたい事はは分かるがそれ以上が無い!
もっと具体的にどうして母乳が良いのかを伝えてあげないと!

 

はい、結論から行きますと。

 

母乳の勝利です。

今は共働きも多いので、ゆっくり母乳をあげるのが難しいこともあります。
そんな時はミルクを使いましょう。

しかし「赤ちゃんの健康」で考えると母乳が良いとされています。
腸内環境にも良い影響を与えますので。

それを踏まえて、年配男性へのツッコミをご覧ください。

 


母乳が出やすい人、出にくい人がいらっしゃいます。
出にくくてお悩みの方も多くいるんです。
まずはそこを察する気があったのか否か。


赤ちゃんには、母乳を吸う力が無い子もいますので、そこをご存知か否か。


これ重要。
母体は健康なのか。
今回は加藤さんが教科書となっていますが、母体の健康状態はとても重要です。

母乳は、お母さんが食べたモノで栄養が決まります。
コンビニ弁当・ファーストフードがメインのお母さんは、それが赤ちゃんの基礎となります。

いや!
それはよくないじゃろ!
栄養どころか汚い油ギッシュなモノを飲ませるんですか!!!!!
って話しになります。

お菓子・ジュース大好き、甘いもの大好き!!
このようなお母さんも注意が必要ですね。

添加物フィーバーの母乳を、赤ちゃんに飲ませるのはオススメできません。

 

また、母乳で育てている赤ちゃんは、ビタミンDが不足がちで「くる病」になりやすい傾向があります。

くる病とは
子供の骨が成長する時期に起こる病気で、骨がきちんと固まらず、柔らかくなった状態のことをいいます。
主に栄養の欠乏が原因で起こり、発達途上国で多く発症していますが、依然として先進国でも多く見られています。

 

なので、今回のようにミルクを与えるのはそう悪いことではありません。
栄養も凄いのがありますしね。

いやまぁ…今回のミルクがどの様なモノかは分かりませんので、成分によりますよ。うん。

 

 

これではアンチ母乳育児になってしまうのでね。
全国の母乳で育児をしたいママさんの味方です私!笑

 

母乳で育児する場合…

ベースサプリ(マルチビタミン & ミネラル のサプリ)をしっかり摂ること。

ビタミンDをしっかり摂ること。

オメガ3のサプリを摂ること。

この3つは重要なので、ホント真面目にここはクリアして下さい★
お子さんの為ですm(_ _)m

 

また、上記の②で吸う力のお話しをしましたが…
実は、しゃぶるだけでも良いんです!笑
母乳が出ずとも、お母さんの皮膚常在菌を送ることができる。

これはミルクには出来ないことですね。

となるとぉ!!
お胸に妙なモノは塗らない事をオススメします。

お子さんの為ですm(_ _)m

 

最後に。

「子を思う気持ちなんて産んでない男にわかってたまるか。」と加藤さんが仰っておられます。

これはその通りでございますm(_ _)m
※超絶個人の感覚です。

 

 

🐹今日も良い夢見れますように🐹

31/365

関連記事