徹底した先にある需要 – グルテンフリー食堂 –

こんちゃ❗️

 

昨日、誕生日をお迎えすることができたサプリメントアドバイザー おたけ です。

世間には「24,25歳を行き来してます」ってことで、果てしなく夢見るヘタレ男子m(_ _)m

 

さてさて。

今日はアレルギーのお話しを。

 

・日本の食堂は優しくない

・現代の日本食は身体に良くない

 

これは栄養学を真面目に勉強されている方からしたら周知の事実。

スタンフォード大学の栄養学の授業では、その様に習う様です。

 

メディアが「日本食は身体に良いから!」と持ち上げてますけど。
スポンサーがいる組織の発信する情報は信じない方が良いです。
捨て身で真相を喋ってくれるMCさんがいれば別ですが。

パートナーがいない。と言って近づいてくる異性と同じぐらい怪しいもんですわ💢

 

しかし。

外国からブツブツ言われるのは不愉快なので、栄養学のトップの環境はどうなのか。

・・・。

いやホント、日本が中途半端なことしてるな〜と感じたので、それについて書かせて頂きます。

 

 

スタンフォード大学は、およそ17,000人の学生がいます。

もはや都市ですね。

それだけ人数がいたら、人の状況も様々です。

・可愛い人が好きな男

・キレイな人が好きな男

・脚フェチの男

それぞれでしょう。

・・・

空気の変化を感じました。

 

これだけいると、アレルギー事情や食事情も様々なので、食堂だけでもかなりのジャンルがある様です。

そこで伺ったのが…

・グルテンフリー
・ナッツフリー

アレルギー対策をしっかりしてる食堂があるって事でした。

グルテンフリーという言葉は、かなり知名度が上がってきた様に思いますが、
アメリカ等の先進国では、
グルテンアレルギーが大きな問題になっています。

これは10年前から言われている事で、今も増え続けています。

グルテンアレルギーの方は…
・パスタ、ラーメン等の麺類
・食パン、菓子パン等のパン類
・ケーキ等のスイーツ
などに含まれるグルテンという物質が、アレルギーを起こします。

※画像はイメージです。

 

亡くなる方がいるほどのレベルなので、アレルギーの方からしたら明確な表示がないと食事ができないんです。

私が地方在住だからかもしれませんが、後述する様な本気でグルテンフリーに挑んでいる飲食店って…都会ならあるのかな。
気になりますね。

ちなみに!
日本でも増えて来てます!
1000人に7人がグルテンアレルギーとか、国民の8割が過敏症とか。
色々言われていますので、他人事ではありません。

この点についても、また後日。

 

でね。
この学食、本気で徹底されています!
これは日本も真似をしたら良いレベル。

例えば…

グルテンの含まれる可能性のある食材と、
アレルギーの方専用の料理は、

・同じトースターで焼かない
・同じまな板で切らない
・重度のアレルギーの方の為に、専用のカギを使って入れるスペースを作っている

この様に、とにかく徹底しています!

スペースがあるのもとても興味深いですよね。
これにはちゃんとしたトレーニングがあって、それをクリアした人だけが入れる様になっている様です。

当然、学生・スタッフの区別なく、全員がクリアしなければダメなスペース。

アレルギーの方からしたら最高の環境ですよね!
学びたいことを学び、食事も安心。

この食堂があるという理由で、入学を目指す学生さんも多くいらっしゃる様です。

 

 

改めて思うのは、アレですね。

 

申し訳ありませんが、やっぱり私は自分本意の人間でダメな奴ですよ。
お悩みの方には伏してお詫びしないといけない・・・。

 

だってさ。

こんな事や。

こんな事。

学生なら100回以上は夢見る「あ〜ん」とか、ダメって事でしょ。

 

やったらいかんのでしょ!?

 

 

え?
お前やった事あるのかって?

ふっ…サプリメントアドバイザーをナメたらいけませんよお客さん。

 

あるわけないでしょうが!!!

 

 

・・・ここが凄い事って、環境だけではありません。

アレルギー食材や、添加物等の
食べたらいけない」という引き算の栄養学だけではなく。

アレとコレを食べれば更に健康になる!
という足し算の栄養学も学んでいるんです。

アレもコレも食べるな危険!

よりも

アレとコレを食べたらラブイズOK!(分かる人とは仲良くなれそう)

って方が絶対楽しい!!!

 

行ってもないのに。
まさに私に足らないことを教わったお話しでしたm(_ _)m

 

 

🐹今日も良い夢見れますように🐹

69/365

関連記事