化粧品の不思議な世界観①

こんちゃ❗️

数年前まで、携帯電話にはボタンがあるのが普通でした。
「パカパカ」と呼ばれ、二つ折りの携帯電話も普通でしたよね。

故スティーブ・ジョブズが iPhone を出すまでは、その電話が常識だったわけです。
携帯電話の移り変わりって、面白いですよね。

私は、プロダクトデザインが大好きなのでこういうのたまりません♪♪

数年前まで、男性が日傘をしたら笑われる時代でした。
今では男性用ブラも存在してますよね。

芸能人は別として、一般男性もメイクをする様な時代にもなってきています。

車だって、電気自動車が盛んに言われていますし。

 

この様に、常識は日々変わっていきますね。
コロナによってマスクが一瞬で浸透し、全くの他人様とは距離をあける様になり。
私があけずとも、他が勝手にあけてくれるので楽ではあります★笑

 

という事で!
常識をぶっ壊すシリーズ第二弾!
今日は化粧品に触れてみます。

 

ど〜も不思議だったんです。
このお仕事を始める前から不思議だった。

海って潮水なので、しょっぱいですよね。
そこに60分間つかっていたとしましょう。
あ、飲んじゃダメですよ。
ボケーっとお風呂の様に肩まで浸かっててください。

・・・

はい、60分経過!
あなたの体は潮水を吸収して、塩分だらけの体になってます??

仮になっていれば、大変な病気になっちゃいます!

鹿ちゃんにも、潮水は浸透しておりませんm(_ _)m笑

あれ?
どうしてならないの?
って思いませんでしたか?

それは
・角質層
・皮脂膜
が守ってくれているからなんです♪♪

だから、我々が海やプール、泥パックとか色々と妙な事をしても大丈夫なんです!!

 

さて、話しをタイトルの通りに戻しますと。

化粧品は不思議な世界観を持っています。

肌にしみこむ

これ、CMとかで聞いた事ありませんか?
染み込むらしいですよ。
あ〜怖い。

※画像はイメージです。

 

そもそも肌は外敵から守るためのモノ。
この肌が無ければ我々はグロテスクな二酸化炭素発生器
美人もブサイクも無いでしょう。

そして化粧品って、ただの嗜好品です。
薬じゃないので、効果があってはいけないモノ。

それなのに染み込ませてどうにかしようとしてるんです。

むちゃくちゃ怖くないですか??

これはサプリと同じなのですが、CM等で消費者に危機感を募らせる事をたくさん言ってます。
・乾燥肌
・保湿

これらのワードを駆使して、あれ塗れこれ塗れって言ってるんです。

 

では!
海水が突破できなかった
・角質層
・皮膚膜

化粧品はどうやってこれを突破するのか!

明日はここを解説していくかもしれません♪♪

 

 

🐹今日も良い夢見れますように🐹

22/365

関連記事