化粧品の不思議な世界観 ②

こんちゃ❗️

やはり肌のお話しは面白いですね。
改めて勉強していると、「ふむふむ」となることが多いです。

 

さて、今回は昨日の続き。
化粧品の不思議な世界観②】です。

 

● 肌内部まで浸透し、うるおいを与える

● 肌の奥深くで、メラニンの生成をブロック

この様な宣伝文句を見聞きしたことはありませんか?

 

まぁ〜…ホントにサプリに似た表現が多い業界ですので、宣伝文句を信じて、
・化粧品は肌内部に浸透する
・化粧品は保湿や美肌効果を発揮する
と思っていらっしゃるのが事実。

 

乳酸菌も、生きている方が良いと思っている方が多いのも事実。

あ、いかん脱線する。

でね。
昨日も書きましたが、肌の役割
外部からの刺激から、体を守ること なんです。

実際、医薬品レベルでも肌にしっかりと浸透するモノは多くありません。
それほどに、肌がしっかりとバリアをしてくれています。

 

なのに化粧品が浸透するのはどうして!?

それは…
・ホルモン
・化学兵器
・界面活性剤

この3つの影響と言われています。

 

この項目で大事なのは、界面活性剤(かいめんかっせいざい)

これはほとんどの基礎化粧品に使われているモノで、水と油を混ぜ合わせるための物質です。

細胞を傷つける物質が、どうして基礎化粧品に必要なのか。

・メイクなどの汚れを落とすため
・とろりとした感触にするため

 

※画像はイメージです。

 

化粧品を塗って、しっとりした感じがあるのは
肌が変わったのではなく、
その化粧品自体がトロットロしてるからです★笑

界面活性剤のおかげです♪

 

その界面活性剤が、肌バリアをぶっ壊して、肌のタンパク質をおかしくしちゃいます!
それが 肌荒れ であり、肌がガサガサする原因と考えられているのです!

肌のタンパク質が異常事態になると、皮脂膜が作れなくなるので、肌からうるおいが無くなります。
えぇ、うるおいがお亡くなりになります。

そこでまた塗る!
塗れば塗るほど肌にダメージが通るので、もう大事です!
人体の世界では、「肌が猛烈なダメージを受けています!!!」と報道され続けていることでしょう。
そして「このままでは、我々の肌が砂漠化するのは近い」というコメンテーターも出現。

負の連鎖に突入です!!!!

 

ちなみに。
皮脂膜は簡単に剥がれ、簡単に作られます。
驚異の再生能力を持っているので、そこは安心してください。

 

塗らないことが、人体の世界には朗報なのです!

 

次回は、界面活性剤が入ってるモノの見分け方をお伝えします♪♪

 

 

🐹今日も良い夢見れますように🐹

23/365

この記事に付いたタグ

関連記事