化粧品の不思議な世界観③

こんちゃ❗️

 

このお仕事をしてると、高確率で聞かれる事があります。

どうして、そんな添加物とか、体に害があるものを使うんですか?

思いますよね〜。
私も思ってましたもの。

それをね、どうしてなのかメーカーの方々に伺ってみたんですよ。

コストダウン

ほぼコレ。

メーカーそれぞれ理念が違いますが、
・たくさん売りたい
・規模を大きくしたい
これはどこも掲げる目標の一つです。

その為には、健康に良いとか、体に一切害が無いとか。

そこにこだわっていたら、いつまで経っても売れない!と仰ってました。

値段競争とかあったりで、少しでも求めやすい値段にした結果、この現状になってしまったと。

となれば。
もう避けられないので、我々がしっかり選べる様な知識を付けるしかありません♪♪

 

今回は、「界面活性剤」が、どの様な感じで入っているのかをお伝えします!

界面活性剤としては、1,000種以上あるので、覚える必要はございません。
テストにも出ませんし♪

なので、ここでは4つのカテゴリーに分けて、見分け方をお伝えします★

お手元にシャンプー等をご用意の上ご覧ください!笑

 

まず、下の表をご覧ください。

ここを1つずつ分けてお伝えしますね。

 

① アニオン界面活性剤

これはかなりの種類がありまして。
界面活性剤の約1/3がこれに属しています。

 

② カチオン界面活性剤

これは主にヘアケア系のモノに使われています。
コンディショナーに配合すると、髪の毛の静電気を抑える機能があるとか。

 

③ 両性界面活性剤

これは、上記のアニオン・カチオンの両方の特質を持っているモノです。

 

④ ノニオン界面活性剤

近年主流となっており、アニオンと並ぶ界面活性剤となっています。

 

いかがでしょうか。

お手元の何かにこれらが入っていましたか?

…いや、入ってるのが普通なんです!
これに関しては叩きたい訳ではないんです。
逃れられないんですもの。

ただ、シャンプーの裏を見た時に
「何そのカタカナ」っていう原料があるじゃないですか。
・・・・見るのは私だけか??
それが、体に良いのか悪いのか。
それぐらいは知識として持っておいて欲しいんです。

訳わからんカタカナ多いし。
さすがに覚えられないので、全く入っていないモノを探すのは簡単ではありません!

どうしてもお家時間で暇が潰せない時に、これで遊んでみて下さい★

 

あ…私ですか?

 

えぇ、そりゃ〜もちろん。

 

何も使っておりません♪♪

 

このお仕事を開始してから、石鹸やら○○ソープ関連は、ほぼ使っておりませんm(_ _)m

おかげさまで、小さい頃からの肌トラブルがかなり減った様に感じますし★
案外好評ですよ♪♪

 

次回は、このシリーズラスト。

私みたいな人は、どうやって肌が維持されているのか。

この辺りに触れていきます!

 

 

🐹今日も良い夢見れますように🐹

24/365

この記事に付いたタグ

関連記事