努力が実を結ぶかは、誰が決めるのか。

こんちゃ❗️

 

今日はね、新しいカテゴリーの記事にしてみることにしました。

 

私という人間はね、答えが出ない事を延々と語り合うのが大好きなタイプでして。

考えさせられる事とか大好きなんです。
毎朝のお散歩中に、川や桜を見ながら、色々と考えるのが趣味の一つ★笑
(病んでるな…笑)

 

そこでね。
これもブログとして成立させてみたくなりまして。

最初のテーマは「努力は必ず報われる」という言葉。

水泳の池江選手の偉業が注目されてますね。

確かにスゴイことだし、彼女のインタビューを聞いてて、涙が出てしまったのも事実。
どうして涙が出たかって考えてると・・・

「自分はそこまで努力をしたことがない」と感じたからなんです。

良いきっかけとなりました。ホントに。
スポーツ選手が勇気や希望を与えたい。と言うのは本当にその通りだなと改めて感じた次第です。

 

これはこれで良いの。
良いお話しとして終わり。

 

でね。
ひねくれ者の私が言いたいのはここから。

 

まず、努力は必ず報われないでしょ。

池江選手の場合は、ご自身のメンタルが強く、水泳との相性が良い。というのも当然あるはず。
そして周りの援助・支援があって、一流のトレーナーがいる。
「生かされた」という経験をした事も原動力になっているんだと思う。

だから出来た事なんだと思う。

彼女の場合は、間違った努力をしたんじゃない。

正しい努力をしたからこそ、この成果を手繰り寄せたんだと言いたい。

 

この場合に限って「努力は必ず報われる」という言葉が使える。

 

逆によ。

正しい努力ではなく、泥沼でもがくだけのような間違った努力をしている場合。

「努力は報われない」

でしょ?

泥沼で、もがいてることに気づいて、誰か教えてくれる人がいれば良いけどね。
こういう時って本人は、ドツボにハマってるって思ってないから。

 

外から見て「あの人、泥沼でもがいてる」と思うのに、成果を出す人がいる。

この場合「努力が報われた」のではなく「そのやり方が向いていた」
これだと思う。

外から見て泥沼にいる時、泥沼にいる本人は気づいてない。

ただ、そこから何かしらの成果を出せた時、他の人が出来ないやり方で成功した時。

私はそれを「向いている」と思うようにしてて。

 

努力をしてるか否かは自分で言うことであり、自分で感じること。
向いているか否かは他人が言うことであり、他人が感じること。

 

こんな感じの事を時折考える、サプリメントアドバイザー

ミスターTでしたm(_ _)m

 

🐹今日も良い夢見れますように🐹

64/365

この記事に付いたタグ

関連記事