体の中で老化しやすい部分とは

こんちゃ❗️

ほとんどの人が老いは怖いと思っているはずなんです。
私もね、とても恐ろしいので、年相応に見られないために、色々とやってるんです!笑

おかげさまで、初対面の年下からタメ口で来られた時の嬉しさったら…涙。

という、私の小粒感は小出しにしていきますm(_ _)m

 

さて。

今日は「どこから老けるのか」です。

厳密には昨日の「糖化」の続きになります。

皆様の中で、どこからかイメージしてみてください。

はい、正解は…【コラーゲン線維】でした。

ね、当たらんよね。

私も当たらなかったよパトラッシュ・・・

いや、パトラッシュ懐かしいなオイ!
なんだっけあれ。
犬だったよな。
犬と天使のお話しだったっけ…うん、また確認しときます。

 

糖化によって出来る AGE はタンパク質にたまりやすく新陳代謝によって入れ替わる時に消滅します。

なので、入れ替えが頻繁に起こる所は老けにくい。と言うことになります。

 

 

これらは年齢によって変わってくるのですが、老化の影響が比較的出にくい部分と言われています。

 

逆に、新陳代謝の遅い部分にはAGEがたまるので、老化が進みやすいんです!

・肌の奥の真皮

・血管をつくるコラーゲン

これらは、14〜15年かかって入れ替わっているので、老けやすいんです。

 

と言っても、入れ替わるんですから、まだチャンスはある。

最悪なのは、入れ替わらない部分!

 

・眼球の水晶体を構成する「クリスタリン」

・関節軟骨を作るコラーゲン

これらは一生入れ替わらないんですわ。

なので、AGEが消滅する事がなく、最も老化しやすい部分となります。

水晶体のイメージは以下でm(_ _)m

 

言われてみればそうですよね。

老眼になった」と30代でも伺う様になりましたし。

膝が痛いとか、これからはもっと若年齢で言う様な時代になると思いますし。

あ〜怖い!

 

コラーゲン線維は、体全体のタンパク質の約3割を占めています。

AGEをためればためるほど、全身が老いていく事が分かりますね。

「焼き色」のついた食べ物はホドホドに★

 

 

🐹今日も良い夢見れますように🐹

 

28/365

この記事に付いたタグ

関連記事