ビタミンDと、アルプスの少女のお話し

こんちゃ❗️

 

連日、アメリカンなテーマだったので、オレンジ髪の少女が立ち上がった話しをしましょう♪♪

 

どちら様も
アルプスの少女ハイジ
ってアニメご存知ですか??

 

ラー ララー ララー ラッラー ララララ ラララー sey
ラー ララー ララー ラッラッラッラ ララララ ラー
口ぶぅえはなぁじぇ〜!

 

っていうアレ。
多分アレです。

見てないんで分からないんですけども。

 

1974年の放送らしいです。

 

でね。
そのアニメといえば。

『クララが立ったあぁ〜あ!!!!!』

っていう名言なのか名シーンなのか。アレがありますよね。

 

気になるのは、そのクララたん。
なんで立てなかったのか。ってこと。

格闘技をしててダウンしてたの?
寝技のスペシャリストだったの?
ベッドの下に入って誰かを待ってたの??

まさかの機動戦士!?

 

見てない人には妄想するしかありませんわ!笑

 

 

どうやら原作では、何の病気だったのかは触れられていないみたいで、
どうして車椅子なのかも分かりません。

しかしね。
これを説明する面白い説が出てるんです。
賢い人はちゃんと仮説・検証するんですよね。

【 クララの病気は「くる病」だったんじゃないか説 】

19世紀にヨーロッパで流行した、ビタミンDが不足すると発症し、 骨が上手く作れなくなる病気です。

ビタミンDが足りないと、
筋肉を動かすのに必要なカルシウムの吸収を抑えてしまうので、
それが原因で立てなくなることもあるんです。

 

クララの出身地は🇩🇪ドイツ🇩🇪

工業化が一気に進み、工場から出る煙が空を覆う時代。

※画像はイメージです。

ビタミンDは、
紫外線を浴びることによって肌で作られます。

大気汚染によって、それが出来なくなってしまい「くる病」が発症。

アルプスに来て、大自然の中で日光浴びまくって、治ったんじゃないか!?

という説です★

いや〜…よく考えたな。
というか気づいたなというか。

 

はい、今日はこのあたりで。

 

 

🐹今日も良い夢見れますように🐹

72/365

 

 

この記事に付いたタグ

関連記事