あなたは健康ですか?

こんばんは❗️

突然本題に入りますが…

 

 

「あなたは健康ですか?」

 

 

さぁ、いかがでしょうか。
心の中で答えを出してみてください。

 

 

国民生活基礎調査 (平成28年)では、「あなたの現在の健康状態はいかがですか?」という質問に対して、
「よい」が20.7%、
「まあよい」が17.8%、
「ふつう」が47.0%、
「あまりよくない」が11.2%、
「よくない」が1.8%という回答となりました。

「ふつう」という回答が約50%で最も多いですね。
「よい」「まあよい」も合わせると、85.5%の人が「ふつう」程度には健康だと思っているということが分かります!

 

 

次に。
健康の理由」について見てみましょう。

健康意識に関する調査(平成26年)では、「普段、健康だと感じていますか」と質問して健康状態をたずねた後に、
「健康感を判断する際に、重視した事項は何ですか」として、3つまでの回答を求めています。

その結果は、
「病気がないこと」が63.8%
「美味しく飲食できること」が40.6%、
「身体が丈夫なこと」が40.3%
上位3つが、身体的な面が大半を占めています。

しかし
「不安や悩みがないこと」19.1%、
「幸せを感じること」11.9%、
「前向きに生きられること」11.0%、
「生きがいを感じること」9.5%など、
精神的な面の回答も1割ほどあります。

 

これはこれで面白いデータですよね。

最初のアンケートでは「なんとなく選んだ」という感じもありますが、理由となると、
・健康面
・精神面
・社会面
この3つが感じられる答えとなっています。

「健康」にはWHOが定めた定義があります。

「健康とは、身体的、精神的、社会的に完全に良好な状態であり、単に病気がないとか虚弱でないということではない」
(Health is a state of complete physical, mental and social well-being and not merely the absence of disease or infirmity)

なるほどな〜…と思いませんか?

病気が無いから健康!という訳ではなく。
過度のストレスに負けてないから健康!という事でもなく。
生きる理由が明確にあるから健康!という感じでもない。

3つが完璧じゃなければ、健康とは言えない。という事なんです。

結論…
・体調不良ではなく、体がしっかり動く
・お互いを想い会えるパートナーがいる
・趣味がある
・お仕事も上手くいっている
・金銭的な悩みが無い

これが 健康 という事なんですね!

 

 

ん〜…

 

誰だろ……

 

ガストンかな!!

強いぜガストン♪♪

…あ、ガストンは2つ目でドボンだわ…。
ったく…笑。


※詳しくは、アニメ or 実写版「美女と野獣」をご覧くださいm(_ _)m

 

皆様はいかがでしょうか。

健康な方が一人でも多くいる事を祈っております★

※昨日のブログと繋がりがなく、申し訳ございませんm(_ _)m
急遽変更いたしました。

 

 

🐹今日も良い夢見れますように🐹

3/365

この記事に付いたタグ

関連記事